オフィスで取り入れたいリサイクル品活用術

オフィスでリサイクル品を活用しよう

購入と売却をしてみよう

オフィスにある備品や消耗品類は新品を買っていませんか?
オフィス用品で新品以外を買うといえば、思いつくのはリサイクルのコピー用紙位ではないでしょうか?
しかし、実際にはリサイクル品を購入できるオフィス用品はかなりのものがあるのです。
最近では官民挙げてエコロジカルな社会の実現に向けて活動しています。
環境省はオフィス用品のリサイクルを推進するために「オフィス等から発生する使用済製品リユースのための手引き」というものを発行しています。
そこでは、購入する側だけでなく、オフィス用品を廃棄する側に対してもリサイクルへの取り組みを呼び掛けています。
当該手引きで紹介されているリサイクル対象品ですが、デスク、チェア、ホワイトボードなどのオフィス家具をはじめ、パソコンやプリンターなどのOA機器、冷蔵庫やエアコンなどの家電製品など多岐に渡ります。
実際、企業が何等かの理由でビジネスを廃業する際、オフィスで使用していた家具その他を纏めて引き受ける専門業者が存在します。
このような場合には、破損等の理由で破棄するのではなく、纏まった量のもので、かつまだ利用可能なものであるため、リサイクル市場で価値が付きやすいのです。
売却した会社は、売上を廃業時の赤字や費用に補填できるので、こうした一括売却は一般的に良く行われています。
リサイクル品を利用すれば、購入費用が抑えられる上に、地球環境へ貢献することも出来て一石二鳥です。
オフィスでリサイクル品を活用する方法について見ていくことにしましょう。